• 睡眠と美容の密接な関係

    人間は、眠っている間に細胞や組織の修復が行われるようになっています。



    特に、22時から2時にかけては、睡眠のゴールデンタイムとも肌のゴールデンタイムとも呼ばれるほど、成長ホルモンが最も活発に動きやすい時間帯です。

    特別なヘッドスパ自宅での情報ならこちらを参考にしてください。

    この時間帯に質の良い睡眠をとるほど、肌の新陳代謝が良くなり、古い細胞や角質が生まれ変わっていけるため、美容にとってもメリットが大きくなります。
    美容のために睡眠を充実させるためには、眠りの質を悪くする習慣を止めることです。
    美容に良い眠りは、脳も休んでいるリラックスモードに入っている状態のことです。

    そのため、眠る直前までパソコンやスマートフォンを使っていると脳が緊張したままの状態になってしまうため、眠る前には脳を活性化させないようにします。

    お気に入りの音楽を聴いたり、本を読んだりと自分がりラックできる状態を作り出すことです。


    また、お酒の飲みすぎにも注意が必要です。寝酒を習慣化している人もいますが、あまりに体調のお酒を飲んでいると神経が興奮してしまうため、眠りの質が悪くなります。

    有名なM3Qに関連した情報が掲載されています。

    さらに、アルコールを分解させるために内臓が活発に動いているため、眠れても身体が休めない状態になってしまいます。


    同じように眠る前の食べすぎは、胃や腸が活発に動き出すことになります。

    睡眠中は、消化酵素よりも代謝酵素を活用し、肌の細胞や組織の新陳代謝の活発化につなげた方が美容面でのメリットが得やすいため、食事は、睡眠の3時間前には済ませておくことです。